2016年02月03日

ヒカルフィギュア改造記

先日の冬コミで譲っていただいたヒカルフィギュア。
なかなか個性的なお顔とお肌の色だったので改造することにしました(譲り主了承済み)
2016-01-03 09.11.19.jpg

ちなみに私のフィギュア作成スキルは過去二回素体づくりで挫折した程度です。
改造ならなんとかなるといいなーと思いつつ挑んでみました。

まずパーツをバラす必要があるので熱湯につけてみました。
2016-01-03 09.16.40.jpg
煮る勇気はありませんでしたがそちらの方がバラしやすいかも?
2016-01-03 09.32.21.jpg
バラバラです。なかなかショッキングです。

問題はとにかく顔の造形です。
抜本的に整形する必要があります。
ということで削ってみました。
2016-01-03 09.59.52.jpg

もう後戻りはできない。


ウェーブのエポキシパテを盛っては削り盛っては削り盛っては削りの繰り返し…
2016-01-03 19.40.53.jpg
なんか足りなかったので眼球の丸みをつけてみたら良い感じになった気がします。
2016-01-10 18.23.24.jpg

肌以外を塗料用のマスキングテープで覆い人生初のサーフェイサー
2016-01-11 19.51.27.jpg


マスクしないでかけたら喉痛めたので、みなさんマスクはちゃんとしましょう。

お肌をミスターカラーで塗っていきます。

ちなみに使った色はこちら。

2016-02-03 20.41.24.jpg

美少女フィギュア・フレッシュセット
ヒカルを美少女カラーで塗る高揚感。

エアブラシなんて持っていないので筆塗です。
いざ塗ってみると塗料の乾きの早さにビックリ。
慌ててうすめ液と乾燥を遅らせるリターダーというものを買ってきました。
塗っては失敗しツールウォッシュで塗装を剥がしサーフェイサーからやり直しを3度ほど繰り返した末…

2016-01-17 20.57.39.jpg

美少女カラー進藤さんー!

筆塗のやり方を紹介したサイトがあまり見つからない中で一番参考になったのが2chでした。
それによると
・薄く塗る
・返し筆はしない
・1回塗ったら乾くまで待つ
・何度も塗重ねる
だそうです。
私はこれを知る前、返し筆をしまくってサーフェイサーかけたところが見えてきてる!?みたいな事態に幾度も陥りました。
気長に塗膜を重ねていくみたいです。

そして軽く顔につや消しをかけてからアクリル絵の具でお目々とマユ。
今さらですがウインクしてるのは10巻の表紙に合わせたからです。
バランスもとりやすいし。

2016-01-17 23.21.32.jpg
描いては消しの繰り返し……

髪の造形も変えようかとおゆまるとポリパテでなんちゃって複製をしてみたのですが、小さすぎて造形しにくいので断念。
代わりにバリをとって切り込みをいれてみたりしました。
そしてなんとなーくスミ入れっぽいこと(影の部分を濃くする)をしてみたり、塗のはみ出しを修正した後、つや消しトップコートをかけ完成。

2016-01-24 21.55.48.jpg

ちなみに最後つや消しをかける段階でホコリが混入し大苦戦しました。
部屋は掃除してから挑みましょう……2016-01-24 22.36.04.jpg2016-01-24 22.35.00.jpg

一応ヒカルになった…かな…!
いつの日かフルスクラッチも挑戦してみたいです。



posted by つくし at 22:55| ヒカ碁
カテゴリ
検索ボックス